霊界からの導き

  私たちは、地上で生活していながら、常に霊的世界にも存在しています。そのため、地上で出会う困難・苦難を乗り越えようと、正しい努力を重ねているとき、霊界からの導きがあります。
 我が家は、様々な障害を抱えていますが、私は明るく前向きに、シルバーバーチの霊訓に従って乗り越えようと地味に努力をしています。この現状をブログで伝え続けることが、いつかこの情報が必要な方の励みとなり、霊的に向上するきっかけとなれば幸いです。

 私は知的障害のない発達障がい者ですが、こんな私が、いち早くスピリチュアリズムに出会わせていただき、ブログを開設してからもう6年も経ちました。少しでも、霊界の方々のお役に立てていれば嬉しいのですが、そのためには自分の霊的成長も必要で、それは恥ずかしながらまだまだです。

 地味は努力は例えば
・朝晩、祈る。霊訓を少しでも読む
・守護霊、背後霊に感謝する
・利他愛の実践をする(散歩しながらゴミ拾い、道を譲るなど人に親切にする)
・霊主肉従を心掛ける(チョコの買い置きをやめる、肉食をしない)
・自己犠牲精神は大切にしながらも、自分のキャパシティをわきまえ過信しない

 行きつ戻りつしながらも、このような霊的歩みを続ける中で、霊界からの導きが分かるようになりました。

 最近、こんなことがありました。きっかけは、里親仲間が素敵な公園に行ってきたと写メを送ってくれたので、私も早速、元気いっぱいのうちの姫を連れて、翌日その公園に出かけました。私は行動力はあるのですが、計画性がありません。本当はお友達でも誘って計画していけば、もっと楽しいのでしょうが。

 しかし、この単独で素敵な公園に行ったことが、霊界の導きだったのだと後ほど知ることになりました。うちの姫は、ひとなつっこいのが取り柄で、公園で幼児さんと仲良くなり、あっという間に気が合って一緒に遊ぶようになりました。その子には、パパさんがついてきていました。

 うちの姫は配慮が必要な子ですが、遊びの中で障害に気が付かれることはあまりありません。実年齢より下に見えるので、余計違和感がないのでしょう。
 しかしたった一つ、一緒に遊んでいる幼児さんにはできるのに、彼女にはできない直下型の滑り台がありました。彼女は何度も何度もチャレンジしようとします。しかし、どうしてもあと一歩踏み出すことができず。

 その様子をみていたパパさんは、お子さんの発達が気になりますか?と聞いてこられました。
鋭いな、と思い話してみると、自分の奥さんが脳の発達に関する勉強をしている。何かの参考になるかもしれないとのこと。早速、ご紹介いただきました。

 これは、今までどんな苦境に立たされても、真面目に霊的真理を実践し続け、地道に努力をしてきたことによって、霊界からの導きで出会わせていただいたのだなぁと気が付きました。
 その脳の勉強とは、私が過去に学んでいた代替療法に分類され、「ブレインジム」と「ビルディングブロックアクティビティ(BBA)」というものです。

 私は、過去に医者から発達障害(自閉スペクトラム症)の診断を受けるとき、発達障害は治りません、と言われたことを覚えています。しかし、発達は成長する、とブレインジムでは教えています。治るか治らないかではなく、成長するという視点が素敵だなと思いました。本来私たち人間の目的は、霊的成長ですから!

  その情報をもらって間もなく、子どもは無料でBBAのデモンストレーションに参加することになり、そのとき習った技法を1カ月間続けました。すぐに子供に、いい変化が表れてきました。人間関係が以前よりスムーズにとれるようになり、喧嘩しても、気持ちの切り替えが早くなりました。また、なぜか今まで怖がっていた川のへりを歩くようになり、もしかしたら、かつて怖がっていた直下型の滑り台も、できるのではないかと思いました。

 次に、私がブレインジム・BBAを習い、実践する機会を得ました。大人の発達障害の私は、車の運転の苦手さにスポットを当てましたが、その変化だけでなく、対人緊張も緩和されたことに気が付きました。どちらかというと、私はアスペルガー傾向があり、大人数や慣れない人々や場所でのコミュニケーションを不得意としています。それが、意外と楽に話せ驚きました。

 霊的成長のための地道な努力は、決して無駄ではありません。


 大地に蒔かれた種子は、その成長を正しく促すものを与えれば芽を出し、成長し、見事な花を咲かせます。それと同じで、あなたという存在の中に大霊の種子が植え込まれているのです。あなた自身が庭師です。その種子が花を咲かせられるかどうか、あるいはいつ花を咲かせるかは、あなたの手入れ一つにかかっています。
(シルバーバーチの教え 上 108)



 
 

"霊界からの導き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント