霊界からの導き

  私たちは、地上で生活していながら、常に霊的世界にも存在しています。そのため、地上で出会う困難・苦難を乗り越えようと、正しい努力を重ねているとき、霊界からの導きがあります。  我が家は、様々な障害を抱えていますが、私は明るく前向きに、シルバーバーチの霊訓に従って乗り越えようと地味に努力をしています。この現状をブログで伝え続けることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇の生き方とスピリチュアリストの共通点

 今日はかわいい我が家の里子ちゃん(実親家庭に戻る話はありましたが、まだ時期は未定です)を預かってもらい、久々にゆったり時間を過ごすことができました♪遅めの昼ご飯を食べながら何気なくTVをつけると、平成天皇の特番があっています。一人でテレビを見るときは、霊界からのメッセージを受け取ることが多く、今回も霊界からの導きです。  だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書会をはじめるように言われまして。

 何度も、ブログの中で書いていますが、困難・苦難は自分が持っているカルマを解消し、霊的成長を促す大きな財産となるものです。  私の今一番の困難(つまり霊的に見るとすばらしいこと)は、シルバーバーチの読書会を自分で開催するようにと、今通っている読書会の主催者(いえ、きっと霊界からの要請ですね)に言われていることです。この読書会に通い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身内にだけ☆彡スピリチュアルヒーリング

 最近身内に、不安・うつが悪化した者がいて、我が家の子どもと身内の二人に、スピリチュアルヒーリングをしてみました。私は過去に失敗しているので、身内以外にはしていません。その詳細は、過去ログの「ヒーリングの危険性について」に書いています。  まず、子どもには耳に手を当ててみました。すると、子どもは音に敏感なので飛行機の音がうるさいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊的視野から我が家の子どもを見ると・・・

  我が家にやってきた子どもを、物質的視野と、霊的視野とそれぞれからから観てみました。 物質的視視野  困った面は、気が散りやすく、朝はハイテンションで、自分の意に沿わないことがあると暴れ、マイペースで急に思い出して歌ったり踊ったり・・・親戚からは野生のエルザと呼ばれています。 良い面は意欲が高く、好きなことには集中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犠牲精神とは

霊的成長のための実践は、物質世界の多くの誘惑がある中で継続するのはなかなか難しいことです。それを立て直し、日々霊的成長に向けての努力をするための武器として、 「道具意識」 「犠牲精神」 「霊的視野」 「瞑想・祈り」 があります。  これらの具体的実践について、前回は「道具意識」を書きました。今回は、「犠牲精神」ついて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道具意識について

 実はこの「道具意識」という言葉は、あまり好きではありません。。。この言葉を聞くと、キリスト教や他の新興宗教の熱心な信者を思い出します。まるで自分の意志はなく、奴隷のように自己滅私してひたすら奉仕する・・・そんな印象がありました。 それをスピリチュアリズムでも求められているのかと思うと、違和感を覚えるのでした。  この「道具意識」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピリチュアリズムの価値観 VS 地上の成功者の価値観

 最近起業の勉強をしていて、地上の成功者と言われるのは、物質中心主義だなぁと改めて実感することがあったので、シルバーバーチ(霊的視点)の価値観と比較してみました。 ☆地上の成功者の価値観(ある方のセミナーを元にさせて頂きました) 1位 お金(仕事の成功)  2位 家庭(恋人) 3位 健康  セミナーを主催されている方は、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「奇跡のリンゴ」をスピリチュアリズムの視点から。

 先日、映画「奇跡のリンゴ」を観る機会がありました。  2013年の映画です。当時農薬を使うのが当たり前のリンゴ栽培を、妻が農薬の影響で具合を悪くしている姿を見たのをきっかけに、無農薬でリンゴ栽培を行おうという、当時不可能と言われたことを、世界ではじめて成し遂げた日本の実話です。  主人公の木村さん、少年時代から色んな電化製品を分解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈りについて

 昔から、多くの宗教で馴染み深い「祈り」。日本の多くの方は、正月に神社へお参りに行って手を合わせ、神様にお願い事の祈り(祈願)をよくされてきたのではないでしょうか。しかし、本当の祈りとは、まったく違うものです。今回は、正しい祈り方について書いていきます。 祈りとは、本来偉大な霊的行為なのです。 祈りは、「霊性向上のための手段」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災より6年

  我が家は、朝ラジオ体操をするので、そのままラジオを聴き流しており、NHKのすっぴんという番組を聴いていたとき、金曜日のパーソナリティ高橋源一郎さんが、震災特集の中で、ある本を紹介されました。  その内容は、東日本大震災(3.11)被災地で起こった霊体験をインタビューしてまとめた、奥野 修司さんの「たましいでもいいからそばにいて」。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピリチュアリストの子育て(障害児を持つ親として)

  最近の悩みの種は、我が家の子どもの会話が、何を言いたいのかよく分からないことがしばしばあることです。その時によって、波はあるので、意訳でだいたい理解できることもあるのですが、よく「てにをは」や主語が抜けるので、さっぱり??それに加えて、空想や願望を話してしまうこともあるので、ますます不可解に。  発達が他の子どもよりゆっくりペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気とカルマの関係

 ここ4か月ほど、風邪をひいていません。いつもは、秋に必ずといっていいほど体調を崩し、喘息発作も出るのですが、今年は意識して健康面に気を付けています。    私は持病の喘息があり、風邪をひくことは致命的なのです。風邪=喘息発作といっても過言ではなく、普通の人なら風邪ぐらいなら、ビタミンcでも採って温かくし寝ていれば治る程度ですが、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たとえ死の陰の谷を歩むとも

 つい最近、身近で不幸がありました。私の周囲はクリスチャンが比較的多く、その人も熱心な信者でした。しかし、精神を病んでから連絡が取れなくなりました。一時期は親しく交わりとても世話になった方でした。お亡くなりになってから霊界に行かれるまでには結構な時間が必要そうですが、どうか一日も早く霊の目が開かれ、無事に霊界へ旅立つことができるようにと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困難・苦難の正しい乗り越え方

 地上人の私たちから見ると、困難や苦難の人生はよくないもの、避けるものというのが常識です。しかし、スピリチュアリズム(霊的視野)から見るとどうなのでしょうか。  困難に遭遇したとき、スピリチュアリズムに出会う前の私は、避けていこうとしました。しかし、困難は多くが過去世、現世での悪いカルマ(摂理に反した悪い行為)の償いとして発生し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エシカル消費とは

  エシカルとは「人・社会や地球のことを 考えた『倫理的に正しい』消費行動やライフスタ イルを指します。エコだけでなく、フェアトレー ド(社会的・経済的に立場の弱い生産者に対し、 公正な賃金や労働条件を保証した価格で商品を 購入すること)や社会貢献等も含んだ考え方」 と定義しています。(2009年当時から日本でエシカル 消費の実態調査を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピリチュアリズムの先祖供養とは

 スピリチュアリストは、死を忌み嫌うのではなく、この地上で頑張ってきたご褒美として、楽しみに待ち望むものだと捉えています。なぜなら、死後の世界である霊界での生活が、どんなに素晴らしいものであるのかを、シルバーバーチの霊訓を通して知っているからです。  ※ 死後の霊界生活に関して、「500に及ぶあの世からの現地報告」も大変具体的で参考に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠にまつわるスピリチュアルの視点

 私は日々、日常の中で霊的真理の実践に励んでおります。ブログをはじめてから4年経ちましたが、まだまだ毎日悪戦苦闘しつつ歩んでいるスピリチュアリストです。  今回のブログ内容は霊界から示されました。ふと開いたシルバーバーチの本の内容、スピリチュアリズム普及会のHPでたまたま目にした記事、日常生活の中から入ってくる情報等に統一性があり、ピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神障がいは治せるのか

断定はできませんが、身近にいた精神疾患を持つ二人は、明らかに良い変化がおきています。では、どんなプロセスを経てそうなったのか、書いていきます。 精神障がいは、病院での治療がまず大前提です。他の障害と同じく、カルマ清算のプロセスでもありますが、発病原因は地縛霊等の憑依が殆どだと言われています。病のもと、地縛霊とはどんな存在なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新学期の変化

 新年度になり幾つかの変化がありました。 私は子供のことがあり仕事を辞め、子どもが学校から帰ってくるときにはいつも家にいるようになって、そのことは子どもも喜んでくれました。しかしなぜか仕事を辞めるころから、子どもの夜尿症や日中のお漏らしが急に増えました。寒い時期と重なったこともあるかもしれませんが、、、。以前から、保健室と特別支援学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議な夢

  子どもの状況を考え、ようやく見つけたパートの仕事でしたが退職することに決めました。春の公開ヒーリングの頃から、このまま仕事を続けるのは子どもにとって良くないのではないかと迷っていた時に、実は「転職」という回答を頂いていました。退職日が近づいているときに見た夢の話を少しします。  荒れ地で、先が工事中で行き止まりになっている場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の発達障害

 前回、ブログで書いた子どもの飲んでいる向精神薬、ADHD(注意欠陥多動性障害)に効くと言われているコンサータは、自分にも必要なのではないかと思うようになりました。  ・・・というのは、以前にも書いたことがあるのですが、私自身も非常に発達障害の方と親和性があり、年齢を重ねるごとに、その症状があっても社会でやっている術を身につけ、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHD(注意欠陥多動性障害)の症状に効果的なコンサータ(薬)

  最近情けないくらい、自分の霊的レベルが落ちていました。かろうじて読書会へ参加しているのが救いですが、以前も書いたように、スピリチュアリストは、霊的真理を知っている分、知らない方々よりその責任は重く、分かっていて自堕落な生活を送ると、そのカルマも重くなります。  少し前に、今までなかった体の異変が起きました。高血圧です。夫はスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

養育里親となり3年目、悪戦苦闘は続きます

  霊的真理に出会い、それに沿った生き方の努力をし始めてもう5年ほど経過します。しかし、情けないことに成長しているとはとても言い難い毎日です。  まだこの霊的真理に出会う前から、児童福祉施設に勤務し、主に虐待児や障がい児たちと関わっていたころ、なぜか私が担当する子どもたちは、小柄ながらもエネルギーに満ち溢れ、活発な多動系の子が多く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

霊界へ旅立った知人~その後の関係~

  去年は仕事を始めたと同時に地区の役員が当番でまわってきて、それはそれは忙しい1年でした。この大変な役員をしていた時、同じ役員でお世話になった人柄の良いおば様が、急死されたとの連絡を今月受け、スピリチュアリストとして悲しむのはおかしいとことだと頭では分かっていながら、ショックを受けてしまいました。 通夜に子供と二人で行きまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の公開ヒーリング

 ごくたまにですが、ブログにコメントを頂くことがあります。返信は殆どしておりませんが、このブログでスピリチュアリズムを知るきっかけになった方がいると嬉しくなりますし、すでにスピリチュアリズムを学んでいる方からのコメントをいたくだくと、自分も励まされ、また頑張ろうという気持ちになります。目には見えなくても、霊界の働きによって繋がりが生まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多くの霊界人も参加している読書会

先日の熊本の大地震で被災した方々へ、心よりお見舞い申し上げます。 また、今私たちにできる限りのことをさせていただきますので、どうか1日でも早く落ち着いた生活へ戻られますよう、お祈りいたします。 「 シルバーバーチの霊訓」を学びはじめて、4年以上の月日が流れましたが、ここまで学びとつたない実践を続けてこられたのは、ひとえに読書会…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スピリチュアリズムと宗教

  私が長年、どうしても理解できないことがありました。私が出会ったスピリチュアリズム(霊的真理)は、時期がきた方でないと出会う(気づく)ことはないと言われています。しかし、どう考えても私より霊的に素晴らしい人々はたくさんいらっしゃるのに、どうしてそんな素晴らしい方々ではなく、未熟な自分が先に霊的真理に出会わせて頂いたのか、ということです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊的視点からみた困難とは

 昨年末、ブログの更新と、毎月参加している、シルバーバーチの霊訓の読書会に参加できませんでした。理由は12月頃から夫の体調が思わしくなく、看病のためでした。風邪症状で熱が出て、行きつけのクリニックでは血液検査を何度もするものの、目立ったものがなく、対処療法的に点滴や薬の服薬をするのですが、治ったりぶり返したりを続けながら、徐々に悪化、高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレーゾーンの子ども

 我が家のやんちゃ姫もいよいよ来年小学校ですが、幼稚園の先生からの勧めもあり、言語の遅れに関しては専門家のいるリハビリ病院の予約を取り、療育センターにも現在通所中です。そんな中で、小学校へ進むにあたり、どうしても気がかりなお勉強。知的や発達障害とまでは言われていないものの、傾向として、どちらの特徴も持ち合わせているので、私の中では特別支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピリチュアリストの使うエコな洗剤

 霊的知識を持っている私たちスピリチュアリストの生き方としては、動物虐待・環境破壊の予防も果たすべき義務の一つだと考えています。人間は本来地上の動植物に対して、「神の代理者として愛を与える使命がある」(続スピリチュアリズム入門P60)とのことです。    そのため「動物虐待」に該当する ・狩猟(霊的には遊びで殺人をするのと同等な罪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の過ごしかた

 前回、ブログにコメントをいただいた方へ、読んでいただきありがとうございます。私もまだまだ未熟なスピリチュアリストですので、基本的には「シルバーバーチの霊訓」を読むことや、スピリチュアリズムのHPをご覧になることをお勧めします。HPでは無料で書籍も読むことができます。あなた様の守護霊、背後霊のお導きによって、ベストな道へ進めますように、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人に教え導くということ

 ブログ開設から2年経過のメールが届きました。いつの間にか、経過していた感じです。過去の履歴を見返してみると、人々の関心の高いものが分かります。ヒーリング、霊にまつわる内容になると急にアクセス数が増えています。そして里親についても結構高かったです。里親についての関心が高まる傾向については、純粋に嬉しく思います。  しかし、そもそも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キレやすい、怒りっぽい子どもの対処

 現在育てている里子も、我が家へ来た当初から、よくキレて癇癪を起していました。それが、当初は慣れるまでの間の試し行動なのだろう・・・と思っていましたが、それなりに落ち着いてきた今でも、周囲と比べると明らかによくキレて怒っています。幼稚園で周囲の子どもたちを見ていると、ますますその違いが目立ちました。  この、よくキレて怒りっぽい子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育て母の再就職

 里子が我が家に来たのをきっかけに、仕事を退職して1年以上が経ちました。そろそろ専業主婦も限界に近づいて参りました。長年働いて社会との関わりを持っていたの働きたくてしょうがありません。児童相談所から子供との関係づくりのため、1年くらい育児に専念をと言われていましたが、その期間も過ぎました。子供との関係づくりもひと段落(試し行動の山を越え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「チョコレートドーナツ」

 最近コミュニティーセンターで、気になるミニシアターを見つけました。ポスターに、「魂を震わす物語」とありましたが、まさにその通りでした。非常に深いメッセージの詰まった映画でした。今回はこの映画について書きます。 「チョコレートドーナツ」  1970年代のアメリカで、ゲイのカップルがダウン症の子どもの親代わりとなり過ごした実話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心身を育てる子どもの食事

 今日は子どもの食事について書いてみます。(2回目のブログにも、食生活について書いています。)  子どもの非行や成績が、食事と強い関連があるという記事をご存じの方もいらっしゃると思います。岩手大学教授大沢博先生は、少年院に入っている子供の食事を調査しました。すると共通の問題点がみられたそうです。朝食抜き、清涼飲料水・スナック菓子・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピリチュアリストの生活とは

 ・物質世界での生活では、肉体を維持するための最低限のものが必要となります。本来、仕事を通して稼ぐお金には、この必要最低限のモノを手に入れるだけで十分なのです。質素な衣食住で満足する限り、余分なお金を稼がなくてもよいのです。 ・もし必要以上のモノやお金が手に入ったなら、困っている人々に分け与えるために、神が一時的に自分に預けてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒーリングの危険性について

 もともとスピリチュアリズムに出会う前から、ヒーリングの活動は行っていたのですが、今回またきっかけがあって、再開することになりました。しかし、読書会のときに、まだやらないほうがよい、私自身に害になると助言され、その日から、送っていた相手や家族に説明をし、祈りだけに変えました。  今回は、私のスピリチュアリストとしての失敗談に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親となり半年以上が経ちました

 今回は、久しぶりに里子について書いてみたいと思います。以前、試し行動について書きましたが、半年以上が経って、試し行動が全般的に落ち着いてきました。もちろん、まだ情緒面においては日によって波がありますが、それは仕方のないことでしょう。クラスメイトとのトラブルも相変わらずなようですが、周りに暖かく見守られており、少しづつできることも増えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死者からのメッセージ

 シルバーバーチをメインとする高級霊からの霊訓を何年も学んでいますが、今回タイトルにした死者というのは、私の身の周りで亡くなられた方々との、極々(本当に!)ささやかな交流を指しています。友人知人が亡くなったあと、振り返ると彼らの近況をなんとなく教えてもらっていたようです。あくまでも私の個人的で地味な体験ですが、これもシルバーバーチ霊など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守護霊・背後霊の存在について

 今回は、地上人の私たちに善い働きかけをする善霊の「守護霊・背後霊」について書いてみたいと思います。今回も、スピリチュアリズム普及会出版の「続スピリチュアリズム入門」第2章P34~41を参照しています。  守護霊とは、私たちの個人指導霊であって、生まれてから死ぬまで(場合によっては死んでからも)付き添ってくれます。どのような人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピリチュアリズムからみた憑依について

  霊界には、地上を去った多くの霊たちが存在しています。その中には、地上人に対してよい働きかけをする”善霊”もいれば悪い働きかけをする”低級霊・邪悪霊”の類もいます。私が愛読している「シルバーバーチの霊訓」(スピリチュアリズム普及会出版)は、前者の善霊(高級霊)からの教えです。  一方で「低級霊・邪悪霊」は霊的に低いが故、物質的な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第3世界の子供たち

 私は、現在日本で養育里親をしていますが、実は海外でも、教育・生活費の支援をしている子どもがいます。ラオスに住む男の子です。直接、彼を育てているわけではありませんが、NPO団体を通して、毎月一定の金額を送金しています。  これをはじめるきっかけは、学生時代にタイへ一人旅をし、貧富の差を目の当たりにしたことです。幼い子供が、食堂で手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親としての学び~試し行動の時期(過食)~

 私は、スピリチュアリズムに関するブログを書き、霊界のよき道具としてスピリチュアリズム普及の一助なれば、またこの分野に興味・関心のある方々のお役に立てれば幸いと思って続けています。  現在、養育(他人の子供を親代わりとなって育てる)里親となって、スピリチュアリズムの重要視する、霊主肉従や利他愛の実践の修行としては、とてもいい経験と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦しみへの正しい対処

 以前のブログ「スピリチュアリズムから見た里親制度その2」でも書きましたが、苦しみ・困難は、霊的視野から見れば、本来「いいこと」です!  苦しみはその多くが「悪いカルマ(摂理に反した悪い行為)の償い」として発生します。そのため、それを乗り越えることによりカルマの清算となり、霊的成長の糧となり、また地上に比べはるかに長く生活する霊界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊的真理の普及活動 

 つい最近まで、フルタイムでわりと好条件の仕事をしていたので、里親となり、養育のため退職すると話すと、職場の方々からかなりの反響がありました。実際、私がスピリチュアリズムと出会っていなければ、仕事を辞めることは、かなり困難だったと思います。里親になられる方の多くは専業主婦だというのも分かります。 しかし、霊的真理に出会ってから…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

霊的成長について その2(利他愛の実践)

 霊界では、他人に愛を与えること・他人に尽くすことに大きな喜びと楽しさが伴うため、自然と利他愛の実践に向かうようですが、私たち地上人にとっては、これはなかなかできることではありません。  私は、シルバーバーチの霊訓シリーズを読み、読書会にも2年以上参加しており、意識して取り組んでいるつもりでしたが、今回子育てを経験することになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊的成長について その1(霊主肉従の努力)  

 地上人生は、スピリチュアリズムによれば、ひとえに霊的成長のためにあります。 ではこの霊的成長とは、どのようなもので、どのように実践していくのでしょうか? 今回も、私の体験を交えながら書いていきたいと思います。 (続スピリチュアリズム入門第2章(P142~)を参考にしました。) 「霊主肉従」と「肉主霊従」 私たちの心は霊本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康について

健康の指標として、スピリチュアリズムでは4つあげられます。 ①正しい食生活 ②適度な運動 ③十分な休養 ④健全で安定した精神状態 この4つはそれぞれが影響を与えあっていますが、いちばん重要なのが、④健全で安定した精神状態です。 心が安定していなければ、睡眠が浅くなったり、食欲が落ちたりするからです。  以前食生活につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more