はじめまして

はじめまして、私がブログをはじめるきっかけとなったのは
スピリチュアリズムを通して、より多くの人たちと霊的真理の
道を分かち合いたいと思ったからです。


 これから、私が霊と神の存在を確信した実体験を記載します。


実家がキリスト教だったので、見えない世界の存在には理解が
ありましたが、実際に実感したのは、仕事を通しての強烈な体験です。
児童福祉施設関係に勤務していた頃の話です。

 以前から、小さな子供には天使や亡くなった人が見えるようだ、壁に
向って手を振ったり、ほほ笑んだりしている、との施設職員の話は聞いて
いたのですが・・・。

 ある日、施設職員が事故で亡くなられ、その葬儀でその方が
あるスタッフに憑依して、一人一人職員に別れのメッセージを
くれたそうです。というのは、それは私の直接の体験ではなく、
直接の体験はその後、その霊媒体質のスタッフと二人っきりのとき、
電化製品の不具合からはじまりました。

 事務所のパソコン類が急に消えたりついたり、そしてそのスタッフが、
徐々に憑依される場面にリアルに遭遇したのです。スタッフは
憑依された子のメッセージを泣きながら私に伝えはじめましたが、
まだそのスタッフの意識も残っていて助けを求められ、
実家がキリスト教だった私は、神に祈りました。


 そのスタッフのため必死に祈っていると、光が天から私の頭上に降り
自分の体が光で包まれ強いパワーがみなぎる感じになりました。
そして、ほどなくそのスタッフから子どもの憑依霊が離れました。


 この強烈な体験が、霊と神の存在を確信に変えました。
その後代替療法をあれこれ学びました。長い期間に渡り、
拠り所を探し求めていたように思います。宗教はキリスト教の他に、
一時期友人に誘われて密教・仏教系の新興宗教に
取り組んだこともありました。伝導瞑想という、宗教ではないけど
何かみんなで瞑想するものにも参加しました。
レイキヒーリングも身につけ、江原さんの本もたくさん読みました。


どれもにも学びや気づきがそれなりにあり、
出会えたことに感謝しています。
しかし今考えると、それらは本物に出会うための
プロセスの一つだったのだと思います。

 
 そうやってウン十年間悩んで探し続けていたある日、インターネットで
スピリチュアリズム普及会のHP「霊性進化の道ースピリチュアリズム」を見つけ、
お気に入りに入れて、時々HPを読んでいました。
「シルバーバーチの霊訓」もネットで購入し、読んでみました。
すばらしいとは思いつつ、当時の私には難しかったように感じます。
あるとき、長い間探していたものがこれだったと気がつく瞬間が訪れ、
涙が溢れて止まりませんでした。魂が震えるような感動を味わいました。
そしてまもなく、読書会が福岡にあることを導きによって知り、
2年前から参加をさせていただき、今日に至っています。


 決して楽な人生ではありませんでしたが、
今までの苦労が無駄ではないばかりか、
むしろいいことであったと気がつかせていただき、
本当に有り難かったです。
 現在、模索中のどなたかのヒントやお役に立てたらと思い、
まだまだ未熟者でつたない私ですが、自分の修行も兼ねて、
これから定期的にブログを書きつづけていきたいと思います。


 
困難は魂が向上するための階段です。困難・障害・ハンディキャップ-こうしたものは魂の試練なのです。それを克服したとき、魂はより強くなりより純粋になり、より充実し、かくして進化が得られるのです。(「シルバーバーチは語る」 P98)

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

麗ら
2016年04月11日 12:45
ありがとうございます黒ハート

この記事へのトラックバック