大人の発達障害

 前回、ブログで書いた子どもの飲んでいる向精神薬、ADHD(注意欠陥多動性障害)に効くと言われているコンサータは、自分にも必要なのではないかと思うようになりました。

 ・・・というのは、以前にも書いたことがあるのですが、私自身も非常に発達障害の方と親和性があり、年齢を重ねるごとに、その症状があっても社会でやっている術を身につけ、現状そんなに大きな問題も抱えなくなってきたのです。
 ところが、数年前里子を受け入れ、生活環境がガラッと変わってから、どうやらその症状が悪化しているということに、ようやく気付くことになりました。フルタイムで規則正しく働き、夫と二人の静かな生活だったときには、ありえなかったあらゆる用事のブッキング、またはドタキャンが増えました。
 子どもの暴言が酷いときには、自分の感情も触発されてしまい、後で後悔・・・ということもしばしば起こります。仕事でも、なんとなく落ち着きがなく、変なミスが増えています。

 子どもが飲んでいるコンサータを、私も試しに飲んでみたいと思うようになり、はじめて心療内科で診察を受けることになりました。予め、大人の発達障害が診察できるクリニックを探し、2か月待ち、診察の参考として生育歴などを文章化して持参しました。

 聞き取り、スクリーニングテスト、バームテスト(実のなる木を描くことでその人の特性など診断するもの)などの結果、自閉スペクトラム症と診断されました。知能検査はありませんでした。アスペルガーも重複している可能性ありとも。落ち着いて生活していたところに、生活が不規則になったり、忙しくなると、症状が悪化することはある、と先生は言われました。ショックはありませんでしたが、こんなに簡単に診断名つけるのか?という思いと子どもに飲ませているコンサータ(副作用の辛さも含め)は、自分も飲んで薬の効果や副作用をを知っておいた方がよいので、これで飲むことができるな、と思いました。

夫は、「今のままでいいよ。変わらなくていい。」と言ってくれました。有り難いことです。そうは言われても好奇心が止まりません。早速、処方された薬を翌日飲んでみました。 

子どもと同じ時間に飲み始めてしばらくすると、身の回りのものや視界がいつもより、クリアーに見えてきました。しかし、それ以外は特に大きな変化は感じません。その日の仕事はタイトで忙しい日。職場ではADHDっぽいミスがありました。はじめから効くということではないのかも。昼ご飯に空腹感もあり、普通に食べることができました。副作用は思ったほどないな・・・と思っていると、徐々に片頭痛が(もともと頭痛持ち)が、酷くなってきました。それでも、仕事はこなし、その日は残業もせずさっさと帰ることにしました。

 なんだか、気持ち悪くなってムカムカしてきました。頭が耐え難く痛いので、緊張を取る薬を飲み、子どもが帰ってくるまで、横になることにしました。結局、その日はろくに家事もできず、寝込んでしまうことになりました。徐々に慣れると副作用も軽くなると言われましたが、無理でした。恐ろしくて二度と飲めません。

 また、子どもにも飲ませないで症状を改善する方法はないのか、すぐに服薬を中止するわけにはいかないが、将来的にはやめさせたいと思い、色々と調べてみました。すると、スピリチュアリズムで勧める生活がそのまま発達障害に良いということも分かってきました。私は、それ意識していたから症状が軽くなったのかもしれません。

スピリチュアリズムで勧める生活(霊的真理の実践内容)とは過去のブログにも書いていますが、簡単にまとめますと
①霊主肉従の努力(肉欲に負けないように霊優位のための自己コントロール)
②利他愛の実践(人を正しく愛する)
③霊的真理の普及活動(時期のきた方へお伝えする、ささやかで地道な伝道)
④苦しみへの正しい対処
⑤霊的世界とのストレートな交わり(瞑想・祈り)

これを心がけたうえで、さらに

①正しい食事と、それを補うサプリメントをとる
和食中心、砂糖の取りすぎ注意、なるべく汚染されていない、添加物の少ない食品を食べる。
青魚の成分が脳によいというのは有名ですね。私は魚中心の食事+スーパーオメガ-3(ライフエクステンション社)のサプリを取り始めてから、なんとなく車の運転が楽になり、薬よりもむしろこちらのほうが合っているようです。

②適度な運動・・・脳科学者の澤口氏は、サッカーを中心等とする球技が特に効果的と言われています。我が家はトランポリンを置いて飛んでいます。休みの日は、以前から家族でウォーキングをしています。最近寒くておっくうになっていますが、マラソンに出るという目標を立てて、自ら外へ出るように仕向けています。

③環境調整・・・忙しすぎる環境を整理して、最低限の数に減らすなどの努力をしています。ただ、私はついつい用事を入れてしまいがちなので、夫がこれはやめた方が・・・などと私のスケジュールをみてアドバイスすることが増えました。掃除が以前から苦手ですが、お掃除ロボットなどを取り入れ、苦手をカバーする方法もありますね。

④ワーキングメモリー(作業記憶)を高めることをする
澤口氏による脳機能向上が証明されているものをいくつかあげます
・ピアノ稽古
・テレビゲーム(6歳以降):私は澤口氏の開発した「脳力道場」というゲームを子どもと一緒に実験中です
・要約法(文章を要約すること)
・ペット(哺乳類、中でも犬がベスト)飼育しかわいがることで社会的コミュニケーション力が向上

 私も子どもも社会でもっと楽に生きられるように、できる努力はしつつ、これからも霊的真理の道を地道に歩んで参りたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。


 ー 参考文献 ー 「続スピリチュアリズム入門」心の道場、「ホリスティック健康学・ホリスティック栄養学入門」小池里予 小池 英共著、「発達障害の改善と予防」澤口俊之著、HP「発達障害のためのセラピスト」

摂理に順応した生活を送っていれば、望み通りの結果が生じるようになっています。結果がでないということは、摂理に一致した生き方をしていないことを示しています。(シルバーバーチの教え・上・93


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック