天皇の生き方とスピリチュアリストの共通点

 今日はかわいい我が家の里子ちゃん(実親家庭に戻る話はありましたが、まだ時期は未定です)を預かってもらい、久々にゆったり時間を過ごすことができました♪遅めの昼ご飯を食べながら何気なくTVをつけると、平成天皇の特番があっています。一人でテレビを見るときは、霊界からのメッセージを受け取ることが多く、今回も霊界からの導きです。

 だからそのような番組では、見ていて涙が込み上げてくるシーンが必ずあります。特番の内容は、平成天皇皇后夫妻が、皇太子時代から何度も訪れている、沖縄訪問でした。沖縄は、昭和天皇が全国の慰問に行きながら、唯一訪問できなかった地域で、その想いを継いで平成天皇が訪問され続けた様子のドキュメンタリーです。はじめの訪問は、火炎瓶を投げつけられる事件があり、決して天皇が歓迎されていたわけではないのですが、それでも、あきらめずに何度も足を運ばれます。霊的に見ると、苦しみをあえて受け止めようとする行為で、スピリチュアリズムの目指す生き方そのものです!最後には、天皇が沖縄の人々の複雑な心境に寄り添う真摯な態度が伝わり、わだかまりが溶けていく様子を、インタビューなどから得ていました。

 その時私は、苦難を乗り越えようと努力し続ける天皇のお姿に、魂が震えるような感動と、天皇の生き方は霊的視点から見ると、私たちスピリチュアリストが歩む道と同じなのだと実感したのです。国民の象徴として、生まれた時からその期待を背負い、勉学だけではなく人間性や品位をも問われる、なんとも堅苦しい重荷を背負っている天皇家の方々ですが、だからこそ、国民の象徴として愛される存在であられるのでしょう。

 私たちスピリチュアリストも、地上人の中ではまだまだ知られていない霊的真理(霊的な宝)にいち早く出会わせていただいた一方で、スピリチュアリストとして、正しく人生を歩み、地上人の良き手本となる責務を負っています。

 天皇の生き方と重なる部分も多い、霊的真理の実践は、決して生易しいものではありません。霊的宝を実践するのは困難だからこそ、価値があるのです。霊的真理の実践については、過去のブログでも取り上げていますが、以下の5点です。このうち、天皇の生き方には、①②④が当てはまるのではないかと思います。

①霊主肉従の努力(肉欲を自己コントロールし、霊優位を保つ)
②利他愛の実践(人を正しく愛する;見返りを求めない愛;先に与える愛)
③霊的真理の普及活動
④苦しみへの正しい対処
⑤霊的世界とのストレートな交わり(瞑想・祈り)


 テレビを見て霊的刺激を受け、こうしてはいられない、私も何か世の中の、いえ霊界の方々の道具として動かねば!と、天皇の生き方からインスピレーションを頂き、すぐさまテレビを消し、本日のブログ作成に至ったのです。題材も自分で考えたわけではなく、霊界から用意していただきました。もともと、時間のとれる今日ブログを書こうとは漠然と考えていましたが、題材は全く浮かんでおりませんでした。

 私たちスピリチュアリストは日ごろ、日常生活の中で地道な霊的真理の実践に励んでおり、悪戦苦闘の毎日ですが、自分の実践を通して世の中が一歩でも、霊的に開かれていくよう努力をしております。このときの動機が正しければ、必ず霊界から導きが得られ、そのときの自分にふさわしいチャンスが与えられるでしょう。

 
 もっともっと大切なことは、霊的真理を日常生活のすべてに生かすことです。”無知”から生じる世の中の害毒を無くさなくてはなりません。すべての不公正を改め、すべての偏狭と横暴を駆逐しなければなりません。私たちの仕事は人間に内在する霊性をあらゆる面で発揮させ、物質文明から排除されるものー汚れ、病気、暗黒街、スラム街、その他、神聖なる霊が閉じ込められている全ての邪悪な環境を清めることに向けられております。
(シルバーバーチの霊訓(三)潮文社 83

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック