スピリチュアリズムの価値観 VS 地上の成功者の価値観

 最近起業の勉強をしていて、地上の成功者と言われるのは、物質中心主義だなぁと改めて実感することがあったので、シルバーバーチ(霊的視点)の価値観と比較してみました。

☆地上の成功者の価値観(ある方のセミナーを元にさせて頂きました)
1位 お金(仕事の成功) 
2位 家庭(恋人)
3位 健康
 セミナーを主催されている方は、おそらく未熟なスピリチュアリストの私よりは、霊性の高い方だと思われます。ただ、霊的真理をご存じでないようです。


☆スピリチュアリズムの(シルバーバーチの説く)価値観
1位 霊的成長
究極はこれのみです。霊的成長至上主義なのです。

ここで、霊的成長が聞きなれない方々のために解説します。霊的成長をするためには、以下の4点がポイントです。(過去のブログにそれぞれの詳細を書いていますので、興味を持たれた方はお時間あるときに読んでみて下さい。)
①霊主肉従・・・肉体に由来する本能意識 < 霊本来(私たちは皆霊的存在です。)の意識
②利他愛の実践・・・利己愛 < 利他愛:人を正しく愛すること =×単なる同情心・甘やかし
③霊的真理の布教活動 ・・・強引な押しつけ < 時期の来た方(自分から興味を示し求める)に手渡す 
④苦しみの甘受・・・苦しみは避けるもの < 「悪いカルマの償い」として、苦しみに正しく対処する


・・・あえて後を続けるとすれば肉体のメンテナンスに関することで、
2位 健康(ストレスケアを適切に行う)
3位 健康(適度な運動、適切な休息(睡眠)と栄養)

 霊的真理を知った者は、お金は生活するのに必要最低限あればよい、と言われています。それ以上のお金は、困っている方々に分け与えるために、神が一時的に自分に預けてくれたものと考えます。

 さて、どちらが本当は正しいのか、今回はあえて”VS”としてみましたが、よく見てください。
スピリチュアリズムの価値観である1位「霊的成長」の中に、「お金」も「家族(恋人などの人間関係全般)」についてのことも全て包括されています。しかし逆は当てはまらないのです。
 
 「お金」自体はただの紙切れですが、それで物が買えることから、欲望、感情のコントロールとつながっています。霊的成長とは、お金をはじめとする様々な欲望に翻弄されず、霊的視点から清く質素に生きようと努力すること。 「家庭」を含めたあらゆる人間関係の築き方は、霊的成長に集約されます。それは利他愛の実践であったり、苦しみの甘受であったりするかもしれません。このように、「霊的成長」は、全てを包括しています。

 一方で「お金」「家族」は霊的成長を包括していません。私の見た起業セミナーは、いかにして沢山のお金を稼ぐのかのハウツー、いかにして家族や恋人と仲良く暮らすのかのハウツーでした。それは、死後の何十倍も長い人生も見据えた霊的視野からするとあまりに狭い視点です。地上は、困難・苦難を通して霊的成長をする重要な場所であることを知らないのは、本当に折角の(再生)人生を無駄に生きることになり、勿体ない限りです。

☆番外編☆マッチョ社長の「筋トレが最強のソリューションである」という本では、
1位 筋トレ
2位 筋トレ
3位 筋トレ・・・
と、延々筋トレが全てという視点です。「適度な運動」で健康の1つとみなせば、スピリチュアリズムでは2、3位ですが、1位ではありません。また、筋トレも度が過ぎるとかえって健康を害してしまうので、ほどほどに・・・。身内が筋トレでうつを克服しましたが、やりすぎて危うく気を失いかけましたので。

 霊的真理を知ると、地上の物質的な価値観がいかに次元の低いものであるのか、はっきり分かります。
しかし、そうはいっても霊的成長のための実践は、物質世界の多くの誘惑がある中で継続するのはなかなか難しいことです。それを立て直し、日々霊的成長に向けての努力をするための武器として、
「道具意識」
「犠牲精神」
「霊的視野」
「瞑想・祈り」
があります。これらの具体的実践方法について、次回より1づつブログにアップしたいと思います。


 魂にとって、正しく理解し正々堂々と立ち向かって何の益ももたらさないような体験は一つもありません。いったい、困難も試練も問題もない物質世界というものが想像できるでしょうか。そうした世界では何の進化も得られません。克服すべきものが何もないからです。あるのは堕落のみです。
(シルバーバーチの教え新版上P110)
>

"スピリチュアリズムの価値観 VS 地上の成功者の価値観" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント